TOPへ

ガーベラ日記

6月

2004年 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月



6月29日 スノーレディー

この白いガーベラはスノーレディー。
新品種です。
白といっても結婚式に使われるときは純白を求められます。
スノーレディーは少しクリームががるとの前評判でしたが、
思ったより純白に近くて少し安心しました。

後ろに見えるタヒチもずいぶん咲いてきました。

このところの暑さで、2年目のガーベラの咲きが減ってきているので、
新しいガーベラがどんどん咲いてくれるのを心待ちにしています。


6月27日 結膜炎

6月27日月曜日から保育園のプールが始まりました。
プールを掃除して、プールサイドが旗で飾られて…
そんな様子を見ていた智子は、待ちに待ったプール開きでした。

ところが、お迎えに行くと、智子の目が真っ赤です。
慌てて眼科に連れて行くと、結膜炎で今週はプールに入れないとのこと。。。残念

しかし、このところの空梅雨のため、水不足が心配です。
畑も心配ですが、保育園のプールが中止になることも残念です。
早く、雨降ってくれないかなぁ。


6月25日 植え付け完了

今日で新しい苗の植え付けをすべて終りました。

日中の仕事は、二重カーテンを閉めて日陰を作ります。
それでも、今日は暑かった…

ずっと下を向いているので暑さと重なって、頭痛がしてきます。
熱射病の一種かしら…
私、とても汗かきで、作業中は汗が目に入ってしみるの。

6月24日 泥だらけ…

今日は1年生6人、2年生3人うちに遊びに来ました。
我が家の晶子、晶己、智子を加えて計12人。
泥だらけのなって遊びました。

カブトの幼虫探し、ばった取り。
小枝の剣でマジレンジャーに変身!!
ハウスの横のちょとしたがけを見つけて遊び始めました。
こうなると、もう止まりません。
登って降りて…泥だらけ。
晶己は、「カブトを鍛えるだよ」
と、カブトに無理やりがけを登らせています。
おいおい、お母さんには、どう見ても虐待にしか見えないよ。

「どっったのしかったてぇー。またあそぼうね」

泥だらけで、大声を出して飛び回る子供の姿は生き生きしてます。


6月23日 咲いた咲いた

ガーベラの写真を撮ろうと思ったら、ちゃっかりポーズをとるお父さん。
新しく咲き始めたガーベラに満足そうです。

カタログや種苗会社の展示会で確認してはいるものの、
実際に自分の温室で咲くまでは、安心できません。
このガーベラはタヒチ
お父さんの思った通りの色で咲いてくれました。


6月21日 初めて咲いた

5月13日に定植したガーベラが始めて咲きました。
マメハモグリバエの影響で花びらが傷んでますm(__)m

まだ、今日咲いたのは、この一本だけ。
質、量ともに安定してくるまでにまだ少しかかりそうですので、
出荷はもう少し先です。


6月19日 カブトムシ


最近我が家のチビッコが夢中になっているのはカブトムシです。
森の中に入って採ってくるのではありません。
近所の堆肥が置いてあるところにたくさんいるらしいのです。

これから夏に向けてうちの前の電灯にもたくさん集まってきます。


6月17日 初めてのつぼみ

「おーい、つぼみが出てきたぞ。写真撮りん。」
と、お父さんに言われて、温室に行ってみると、つぼみがありました。
3、4日前までは気がつかなかったのですが、
もうこんなに大きくなっていました。

6月15日 曲がりガーベラ

梅雨に入って、晴れたり雨が降ったりと、天気の変化のためでしょうか、
今日収穫したガーベラは曲がったガーベラがたくさんありました。
雨降りの次の日、急にカラッと晴れると、ガーベラがしおれてしまいます。
夜になると、元に戻るのですが、しおれが激しいと元に戻りきらず、
曲がったガーベラができてしまいます。
市場には出せないので、お友達に差し上げたりしていたのですが、
以外にも、不自然な曲がり方が面白いと、好評でした。

そこで、急遽HPで販売してみることにしました。
初めての試みで、ドキドキわくわく…

6月14日 3歳のお誕生日

今日は智子の三才の誕生日。
作業場に短くなって出荷できないガーベラを飾ってあるのですが、
「この、ガーベラ智子にちょーだい。お誕生日だから。」

それで、ミニブーケ風に作って記念撮影です。

本当のお誕生日のプレゼントはキティーちゃんの傘でした。
智子はミッキーの傘がほしかったのだけど、2100円もしたの。
キティちゃんは890円だったから…
ケーキはアンパンマン。
義妹の由美ちゃんの作るシフォンケーキはプロ顔負け。
お願いして作ってもらいました。
デコレーションは私、ほっぺはミニシューです。
シフォンケーキの真ん中の穴はケーキを薄く切って
あて布のようにふさいでクリームで平らにしました。

アレンジフラワーは保育園でいただきました。
お誕生日の子には先生が作ってくださいます。

6月13日 定植1ヶ月

ガーベラの苗を定植して1ヶ月がたちました。
順調に育っています。
温室もずいぶんグリーン色が多くなってきましたね。
早いものは、もうそろそろつぼみの見え始める頃です。

6月12日 何も無いハウス

6月5日に肥料を振って、水を与えたハウスです。
肥料を土中深く送るために、水をたっぷり与えてあります。
しばらく放置して土に含まれる水分量がちょうどよくなるまで待ちます。
この辺の土の様子はお父さんの経験と感がものを言います。

要するに、砂漠に雨が降って植物が育つ環境を作るってことです。
だって、ハウスの中は雨が降りませんから。

6月11日 夕焼け

夕飯の仕度に取り掛かろうと家に入ろうと思ったら、西の空が真っ赤です。

家の前に出て西の空を写してみました。

明日はいい天気になるでしょう。
今日の雨で、洗濯物が溜ってますm(__)m

6月10日 二重カーテン

午前10時になると自動的に二重カーテンが閉まります。
この時温室の気温は32℃。
ガーベラもこの暑さには耐えかねてしおれてきます。
そこで二重カーテンを閉めて、日陰を作ってやります。

ガーベラを採る私達もずいぶん涼しく仕事できますm(__)m
少し、隙間を開けておくんですよ。
空気の対流のためです。
閉まる時間も閉める間隔も全部設定してあるので勝手に閉まります。

おおきな画像で見ると分かりますが、ずいぶん傷んできましたね。
でも先にハウスの二重を取り替えるので、もう少し我慢です。

6月9日 エコイエロー

大タバコ蛾の成虫が現れ始めましたので、
暗くなるとエコイエローを点灯し始めます。

この成虫が卵を産むと幼虫になってガーベラを食害します。
普通は農薬散布で退治しますが、
エコイエローを使うと、夜のうちに成虫が温室の中に進入するのを防ぎます。
成虫の侵入を防止することができれば、
食害の減り、農薬散布も減らすことができます。
昨年は、かなり効果があったので、今年もエコイエローには期待大です。



6月7日 ユリ

三宅島の西野園芸さんから届いたユリを使って
アレンジを作ってみました。

三宅島といえば火山の噴火で避難されていたものの
ようやく農作業も復活したとのことです。
私達には想像を絶する被害状況の中
こんなに綺麗な花を咲かせている西野さんのご苦労を思うと
頭の下がる思いです。

アレンジのページもご覧ください

6月6日 ん??これなに?

これは害虫防除の秘密兵器。
フェロモン剤でヨトウ虫を呼び寄せます。
村の畑のあちらこちらに一斉に取り付けられました。

今年からデザインが変わったようです。
子供の虫取り籠のようですね。

6月5日 肥料振り

温室の植え替えが終って、ハウスの植え替え作業に取りかかります。
今日は肥料振り。
お父さんは必ず自分の手で肥料を振ります。
土の状態をよく知っているから場所によって肥料の与え方を
微妙に加減します。

今日は邪魔が入りましたm(__)m

6月4日 夏みかん

4月頃だったでしょうか。
頂き物の夏みかんを、晶子と晶己が美味しい美味しいと食べていました。
あまり美味しいので、夏みかんの種を二人で蒔いていました。

ふと、気がつくと、こんなに芽がでていました。
いつか実をつけるだろうかと思いを馳せながら、
一本一本植え替えをしてみました。      

6月3日 どくだみ

根っこが深くて、なかなか厄介な雑草のドクダミ。
今、屋敷まわりにはびこっています。
祖父母が元気だった頃はせっせと草取りをしてくれてました。
今ではどうでしょう…

屋敷まわりは草だらけ(T_T)

でも、ドクダミだってよく見れば可愛いですよ。


6月1日 あじさい

今日から6月。
作業場の前の道路沿いに植えてあじさいがさいています。
「カシワデアジサイ」という名前だそうです。
最近鉢植えでよく売られていますよね。

このあじさいも、一鉢だったものを挿し木で増やしました。

4月5日4月5日

TOKIYA GERBERA
441-3425
愛知県田原市大草町三軒47
田中 時也 えみ
tel.fax 0531-22-1949
e-mail emi@tokiya-gerbera.com