TOPへ

土耕栽培へ

養液土耕栽培の様子

ドリップチューブ(点滴チューブ)

このチューブから水と肥料(液肥)を与えます
コーヒーを入れる時のように1滴1滴しみでるので
ドリップチューブと言うのでしょう
毎日、日の出1時間前から1時間ごとに数回流します

季節花の状態によって調節します

制御版

タイマーで流量と肥料をガーベラに合わせて
設定します

1本のパイプで約100坪分を管理しています
液肥混入機

正確に液肥の濃度を調節できます

ガーベラは3年間植え替えなしで収穫し続けるので
追肥はほとんどこの液肥を与えます

2つのタンクを利用して肥料配分をし
その時に必要な肥料を設定します

サンドフィルター(砂ろ過装置)

養液土耕では水に不純物が多いと
ドリップチューブが詰まりやすくなります

残念ながら豊川用水の水は有機物が含まれているのでこのサンドフィルターでろ過する必要があります
ミズトール

今現在土の中でガーベラが吸収している水を
土に埋めた装置を伝わって取り出します
簡易ECメーター

ミズトールで採取した水のECを調べます

ECとは水の中の肥料濃度を示します
この値を参考にして肥料濃度を設定します

これはあくまで一定の目安であって
ガーベラの状態を見ながら経験と実績に基づいて
栽培しています

TOKIYA GERBERA
441-3425
愛知県田原市大草町三軒47
田中 時也 えみ
tel.fax 0531-22-1949
e-mail emi@tokiya-gerbera.com
       

TOPへ  土耕栽培へ